指輪実践ナビ Archives | 手作り指輪実践ナビ

HOME » 指輪実践ナビ

指輪実践ナビ

手作り指輪に挑戦

2通りある手作り指輪の作り方

手作りの結婚指輪を作る場合、大きく分けると2通りの方法があります。
1つめは工房を利用して、職人の指導を受けながら手作りをする方法です。

この場合には工房を利用するので、事前に予約をしておかなければいけません。
しかし、職人にしっかりと指導をしてもらえますし、好きな素材を使える上に、デザインも自由に決められるので、メリットはたくさんあると言えるでしょう。

ただし、最初から最後まで自分たちで手作りするのではなく、簡単な作業のみ手作りするのが一般的です。
もう1つの方法は最初から最後まで自分で手作りを行う方法になります。

誰の力も借りないので、工具類や素材に至るまで全て自分で揃え、全作業を全て自分で行う必要があります。
工房を利用した場合には、あまり手先が器用でない人でも安心できますし、万が一失敗をしても追加料金が発生することはありません。

自分で全て行う場合には、失敗をすれば素材を買い直す必要が出てくることもあります。
もちろんある程度の技術も必要にあるでしょう。
≫ 『手作り指輪に挑戦』

手作りの結婚指輪!完成までの流れ

いろいろありすぎる手作りの結婚指輪

「手作りの結婚指輪」の範囲は、かなり広いです。セミオーダーも手作りだし、フルオーダーも手作りです。しかしそれぞれに完成までの流れは、違います。そこでセミオーダー・フルオーダー・夫婦自ら手作りした場合、どういう流れで指輪が完成するのかについてご紹介します。
細かい部分は店によって違うので、あくまでも大筋として捉えて頂ければ幸いです。
≫ 『手作りの結婚指輪!完成までの流れ』

自分で手作りを実践する

自分で結婚指輪を手作りすることも可能

手作り指輪が欲しい場合、自分である程度作業をしたいのであれば工房に行き、自分では一切手掛けなくてよい場合には店舗でオーダーメイドをするのが一般的です。
中には自分で最初から最後まで作りたいという人もいるでしょうが、ある程度の技術と工具を揃えれば、自分だけで手作りをすることもできます。

まずは指輪の素材となる材料を購入し、整形する作業をしなければいけません。
さらに研磨も必要になるので、自分で全て購入すると、ある程度のお金が必要になります。

もちろん技術が必要な作業もあるので、万が一失敗すればまた素材から購入することになるでしょう。
自分で結婚指輪を手作りすることは可能ですが、失敗をしてもよいという人や、DIYが得意で今までいろいろな物を作ってきた人であればまだいいでしょう。

しかし、あまり器用ではない人や、家に工具類が全くない人の場合には、工房に行った方が確実によい結婚指輪ができます。
失敗しても工房であれば追加料金を取られることはないので安心できます。
≫ 『自分で手作りを実践する』

結婚指輪手作りナビゲーション

手をかけてじっくり作るのが手作り結婚指輪

考えているだけで、地面から結婚指輪は生えてきません。材料と道具を手に取り、実行しなければ結婚指輪はできません。ではどうやって、結婚指輪は手作りされるのでしょうか。
工房や店によって違う部分はありますが、大まかな流れについてはどこも同じかと思われます。そこで結婚指輪の手作りをナビゲート。ある程度の流れが把握できれば、2人の理想とする結婚指輪が仕上がるでしょう。
≫ 『結婚指輪手作りナビゲーション』

指輪を手作り!?本当にできるかな?

プレゼントに手作り指輪

相手へのプレゼントに、手作りの指輪を届けたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。また結婚指輪のように、唯一無比の指輪になるからこそ手作りを考えていることとおもいます。しかし、いち素人がゼロから指輪を作れるものなのでしょうか。
指輪職人への道は、厳しいものです。少し指輪について勉強したからとは言え、簡単になれるものではありません。何年も修行した人でも、作るのが難しい指輪。「手作りは無理」と考えるのは、当然です。
≫ 『指輪を手作り!?本当にできるかな?』

予算10万円で購入できる結婚指輪

結婚指輪の予算について

結婚指輪の予算は、結婚するうえでは考えないといけない重要なことです。
予算については、人の考えや趣味、嗜好もそれぞれですので正確な数値はだしづらいといえるでしょう。

しかし、結婚指輪の平均購入価格はだいたい25万円ほどといわれていますので、この数値を目処にして予算を考えることはできます。
予算を自分で考えるは難しいので、だれかに相談にのってもらいたいという場合もあると思います。

そのようなときは、指輪を購入しようと思っている店舗のスタッフに聞けば、結婚指輪の素材の金額やダイヤモンドなどの金額などを教えてくれて一緒に考えることができますので、事前に専門スタッフに相談するのはおすすめの方法です。

≫ 『予算10万円で購入できる結婚指輪』

結婚指輪の手作り!実践!!

手作り結婚指輪の主な流れ

結婚指輪の手作りは、2人の思い出作りにもなるでしょう。

そして将来生まれてくるかもしれない我が子にとっても、手作りの結婚指輪は最高の宝物になるはずです。

では結婚指輪は、実際にどういう形で作られるのでしょうか。

細かい部分に関しては工房にもよりますが、大まかな流れについて取り上げます。

予約から打ち合わせまで

まずは工房に予約を入れます。
≫ 『結婚指輪の手作り!実践!!』

2万で結婚指輪を作るには

2万で結婚指輪を作るコツ

結婚指輪は高級品が多い一方で、かなり安い指輪もないわけではありません。

方法次第では2万で指輪を作ることもできるのです。

しかし総じて高級品が多いため、コツを知らないとなかなか予算内に収まらないかもしれません。

知っておきたいコツをご紹介します。

素材は柔軟に選ぼう

結婚指輪の素材というとプラチナとゴールドの二択になることが多いですが、2万という予算ならどちらもあまりおすすめではありません。

両方とも高級素材ですから、これを選んだ時点でデザインに関わらず高くなりやすいのです。

この高級素材を使いながらも安い指輪がないわけではありませんが、もっと安い素材も柔軟に選ぶのがおすすめです。

結婚指輪にも使われる格安素材というと、シルバー、パラジウム、ステンレス、チタンなどがあります。

≫ 『2万で結婚指輪を作るには』

結婚指輪の素材の材質について

自分の好みな素材の材質を知る

結婚指輪を作るときにいろいろな素材を見ると思いますが、名前だけ見てもどれがいいのかよくわかりませんよね。

大事なのは材質、つまりその素材の特徴です。

これを知ることで好みの素材がわかることもありますから、ぜひ知っておかれるといいでしょう。

プラチナとゴールドの材質

結婚指輪といえばこれらが非常によく使われています。

ひとまずどちらかにする方も多いでしょう。

どちらも希少価値が高く、高級感は断トツです。

そのかわり、数ある結婚指輪の素材の中でも高いことは知っておくといいでしょう。

指輪の値段をなるべく抑えたい方には、実はあまり向いていない素材です。

ほかにも強度がそれほど高くないという材質もあります。

そのため別の素材を混ぜて合金にし、強度を高めているのです。

そのおかげで日常の使用は問題ありませんが、強度を気にする方は少し注意してください。

補強に使った素材の関係で金属アレルギーも出やすい素材です。

≫ 『結婚指輪の素材の材質について』